みちのく銀行住宅ローン

みちのく銀行住宅ローンはご存知ですか?

 

 

では、

 

■ みちのく銀行住宅ローンとはどのようなローンなのでしょうか?

 

青森に密着した金融機関が提供している住宅ローンである!

 

幅広い住宅ローンを提供しているので、そこから希望の借り方に合った住
  宅ローンを選ぶことができる!

 

少額の借換え専用の住宅ローンがある!

 

リフォーム専用の住宅ローンがある!

 

女性に優しい住宅ローンがある!

 

住宅を担保に様々な用途に使えるローンを組むことができる!

 

死亡時だけではなく、ガン・心筋梗塞・脳卒中・糖尿病・肝硬変などで、返済
  が困難と判断された時のための特約をつけることができる!

 

などの特徴があります。

 

 

これらの特徴をご覧になって、

 

みちのく銀行住宅ローンについて少しでも興味が出という方は、

当サイトで、詳しく解説していきますので、ぜひご覧ください!

 

 

みちのく銀行住宅ローンの特徴やメリット・デメリットは?

 

このサイトでは、みちのく銀行の住宅ローンについて、特徴やメリット・デメリットなどをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

みちのく銀行は、青森県青森市に本店を置く地方銀行です。みちのく銀行の2012年3月期現在の預金残高は1兆8500億円程度で、地方銀行の中でみても、さほど大きくありません。しかし、「家庭の銀行」という企業スローガンの基に、青森県に密着したサービスを展開しています。

 

 

みちのく銀行の前身の一つである青和銀行は、1894年に設立された青森商業銀行と、1921年に設立された青森貯蓄銀行が基になっています。一方、みちのく銀行のもう一つの前身である弘前相互銀行は、1924年に弘前無尽として発足しています。1976年に青和銀行と弘前相互銀行が合併してみちのく銀行が発足して現在に至っています。合併にあたっては、地方銀行である青和銀行が存続銀行となっていますが、実情は相互銀行の中で中堅ランクであった弘前相互銀行が、地方銀行の下位ランクであった青和銀行を救済したという側面の方が強いようです。

 

 

みちのく銀行で取り扱っている住宅関連ローンには、自営業・経営者住宅ローンなど下記のように、非常に多くの種類があります。

 

金利選択型住宅ローン
一般的な住宅ローンです。変動金利型と固定金利型を選択することができます。


 

固定金利型住宅ローン
一般的な住宅ローンですが、最大融資金額2000万円、最大融資期間25年と、やや小型のローンを対象にしています。ローン期間中に金利変動はありません。


 

上限金利付変動金利型住宅ローン
一般的な住宅ローンです。金利タイプは変動金利型のみですが、ローン開始当初に設定した上限金利の範囲内でローン金利が変動します。


 

<みちのく>女性専用住宅ローン 「ロング・エスコート」
女性にうれしいクラブ・オフ特典を住宅ローンにセットしたタイプです。


 

長期固定金利型住宅ローン(機構買取型)
住宅金融支援機構と提携して提供している住宅ローンで、フラット35と呼ばれています。省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅ローンを対象としたフラット35Sも利用できます。


 

住宅サポートローン「みちのく快適ライフ」
みちのく銀行の住宅ローンを利用している人を対象に、幅広い使い道に充てることができるローンです。


 

リフォームローン わが家改善計画
リフォームを対象としたローンで、保証人や担保の必要はありません。


 

少額借換専用住宅ローン
1000万円以下を対象とした少額の借り換えに利用できる住宅ローンです。


 

スーパーフリーローン
不動産を担保として、幅広い用途に利用可能なローンです。


みちのく銀行住宅ローンはどのような人に向いている?

こちらでは、みちのく銀行の住宅ローンには、どのようなメリットがあり、どのような人に向いているのか考えてみましょう。

 

 

【地域に密着したサービス】

 

みちのく銀行は、いわゆる地方銀行で、「家庭の銀行」という企業スローガンの基に、地元の青森県に密着したサービスを展開しています。また、周辺の北海道や秋田県、岩手県などにも支店を展開しています。従って、青森県やその近辺に在住している人にとっては、大手都市銀行やネット銀行以外に住宅ローンを検討する金融機関として、有力な候補の一つだと思われます。

 

 

【豊富な住宅関連ローンのラインナップ】

 

みちのく銀行は、非常に多くの住宅ローンのラインナップを揃えています。一般的な住宅ローンでも、金利選択型住宅ローン、固定金利型住宅ローン、上限金利付変動金利型住宅ローン、女性専用住宅ローンなどがありますし、住宅金融支援機構と提携しているフラット35も提供しています。また、リフォームに関連する住宅ローンや、住宅を担保に借りるスーパーフリーローンなど、幅広い用途に対応しています。従って、ローン申し込み者のニーズに応じた最適なローンを見つけやすくなっています。

 

 

【キメの細かい団体信用生命保険特約や返済サポート】

 

みちのく銀行の住宅ローンでは、通常の団体信用生命保険に加えて、「ガン保障付住宅ローン」、「3大疾病保障付住宅ローン」、「3大疾病+5つの重度慢性疾患保障付住宅ローン」などの特約を追加することができます。他の金融機関比べても、3種類もの幅広い特約が選べる住宅ローンは珍しいといえます。しかも、ガン保障付住宅ローンと3大疾病保障付住宅ローンでは、金利の上昇幅が0.2%と比較的低く抑えられていることも、魅力の一つです。

 

また、返済サポート付住宅ローンでは、住宅ローン金利に0.2%上乗せすることにより、病気やケガで入院もしくは自宅療養で長期療養を余儀なくされた場合に、住宅ローン返済の支援を目的として保険金が支払われます。みちのく銀行の住宅ローンは、様々な特約や返済サポートを利用して、住宅ローンの返済が困難になるリスクを低減したいと考える人にお勧めです。

 

 

【<みちのく>女性専用住宅ローン 「ロング・エスコート」】

 

みちのく銀行では、女性が住宅ローンを組む場合には、女性専用の住宅ローンである、「ロング・エスコート」を利用することができます。ロング・エスコートでは、宿泊、レジャー、スポーツ、家事代行、育児、介護などのサービスを、優待価格で利用することができますが、住宅ローン金利は通常の住宅ローンと同様です。従って、みちのくの住宅ローンは女性にもお勧めです。



自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

ですが、マイホームを購入する際には必ずみちのく銀行住宅ローン審査をしなければいけません。

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。

ですから、みちのく銀行住宅ローンを検討される方が多いです。

銀行の住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。

参考:誰でも通る住宅ローンがある?基準甘い借りれる銀行は?【審査のコツ】

長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。

審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。

ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。

ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。

家を購入する際、資金の面で大変頼りになるのが住宅ローンです。

銀行や信用金庫もしくはネットバンクでも良いです。

とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。

重要とみなされるところは職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。

また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も基準の中に含まれているのでもしも思い当たる節がある場合はまずそちらをきれいに片づけ申し込みをされると良いでしょう。

住宅購入する際、支払いを1回で済ませる。

この様な事は、まず無いに等しいでしょう。

世間一般には、住宅ローンで借金をするのが普通です支払に関して、何に一番気を使うか?尋ねると支払に関する答えが多いです。

支払は最長35年にもわたってし続けなければいけません。

支払の間は、金利や景気の状況も左右してきますしまた、何が起こるかわからないのが人生ですからけがや病気をするかもしれません。

ですので、リスクも考えつつ購入を考えてください。

住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。

頭金が無くても購入出来る!という広告もありますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。

少しでも返済額を減らしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅には他にも様々な費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

せっかくマイホームを購入したのに、返済金が残っている状態でガンだと分った時はどのように支払っていけばいいのでしょうか。

一般的には、自動で団体信用生命保険にも加入することになり契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。

申し込んだ内容にガン保険が入っているものもありますが、申請しないと申込みできないものもあるので確認しましょう。

またガンだと診断された時点で支払いが始まるものと、支給されるまでの期間が決められているものがあります。

こうした保険は高く見えますが、思ったよりも安いのでこのような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

今、注目の住宅ローンを選択しようか迷っている方も多いのですが意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。

何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すれば計算もしやすいだけでなく、総返済額も正確に分りるからです。

ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、ローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。

とはいえ、今は金利が低い傾向にある事もあり約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。

他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、後から後悔のない選択が出来ると良いですね。

住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。

住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても慎重に行われます。

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

結果は電話か口頭で伝えられます。

残念ながら審査が通らないと、みちのく銀行住宅ローンは組めません。

審査に通ると、本契約に移ることができます。

契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

だいたい、安くても数十万〜数百万単位の現金が必要となるでしょう。

今から新築を建てる予定のある方や、既に借入れをしている方も是非、オーバーローンにならないようにしましょう。

どのような理由があるとしても家を購入するためのものなので、それ以外の目的で利用した場合、法律違反になります。

それにより、用意すべき費用はいくらなのか?必ず確認した上で申し出を出さなければなりません。

仮に、契約した借入れ内容に不具合があればこれを紹介した不動産会社も同じ罪に問われます。

メリットだけでなくデメリットにも視点をあてながら、後悔しない納得のいく選択を心がけましょう。

きっとこれから先もこれだけ高額な買い物はないといえる、後悔しないみちのく銀行住宅ローンを選ぶためにどうしましたか。

近々、マイホームの為の融資を受けたいと思っている方もまずは実際に利用している方の口コミを参考にしてみると良いでしょう。

一番利用者が多いといえるのが新生銀行です。

低金利というのが多くの方から支持される理由でしょう。

保証料や失病保障などの手数料もかからず、月末までに申込みをされた方には嬉しいサービスもあります。

ですが年収1000万の方でも減額提示される事もあります。

自分でも出来る範囲で調べてから相談してみると良いですね。

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。

原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも今までのデータを全て確認してみると良いでしょう。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

これから、新築または中古の家を購入される方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。

これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、その内の一割を税金として支払うものです。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので返済をしっかりしていくためにも下調べが必要です。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

今後、住宅ローンを利用する予定のある方、利用中の方もどんな方も知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、今すぐ実行して頂きたい知る人ぞ知る節税の方法を教えます。

年間で約30万円も差が出るかもしれない方法ですので、出来れば早めに確認しておくと安心ですね。

対象となる方は自分が住むために新しく家を建てた方で、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

そして最低でも10年以上のローン期間があることが条件です。

他にも細かい条件があるので、確認しながら毎月の支払い金額を少しでも減らせるようになると良いですね。

ただでさえみちのく銀行住宅ローンはとても高い買い物になるので、少しでも金利を抑えたいという方が殆どだと思います。

なので、この場を借りて安価で口コミでも評判の利用しないと勿体無いオススメの銀行をお知らせします。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

注目のポイントのその利息の安さにあると言えますし、それでいて契約している方には、イオンでの買い物の際に登録している方だからこそ割引してもらえます。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

数年以内に、大きな買い物ともいえる住宅ローンを申請したい方は便利なボーナス払いを利用する前に必ず注意して下さい。

高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。

けれども、特別収入が付与されない会社も多く年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。

そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、案外少なくトータルで見ても半分以下の方しかいないのです。

どうしても何かあった場合に備えないという方は、銀行によって可能な任意返済も視野に入れてみましょう。

みちのく銀行住宅ローンを組むにはまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。

銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど多くの金融機関でみちのく銀行住宅ローンを組めます。

金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。

わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。

また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。

ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい人達にとても人気があるみちのく銀行住宅ローンです。